消防設備点検ワンポイントチェック

 消防法で消防設備等を設置することが義務づけられている方は、設置された消防用設備等を点検し、その結果を消防長又は消防署長に報告する義務があります。
 消防用設備等はいついかなる場合に火災が発生しても確実に機能を発揮するものでなければならないので、日頃の維持管理が十分に行われることが必要です。
 このため、防火対象物の関係者には、消防法により点検、報告ばかりでなく、整備を含め、適正な維持管理を行うことを義務づけられています。

消防設備点検の必要な建物
●特定防火対象物 ●非特定防火対象物
百貨店 スーパーマーケット 旅館 工場 事務所 倉庫
ホテル 病院 飲食店 共同住宅 学校 駐車場など
地下街 公会堂 集会場
劇場 展示場など

消防設備士・消防設備点検資格者におまかせください

点検報告義務違反
点検結果の報告をせず、又は虚偽の報告をした者は30万円以下の罰金又は拘留
その法人に対しても上記の罰金

違反した場合の罰則

消防点検の手順

< - -   トップへ戻る
会社案内
■会社概要
■ごあいさつ
■営業内容
■会社沿革
■営業所
■ISOへの取組
■プライバシーボリシー
業務案内
■ホスピタル
 サポート
 システム
■トーホー
 セキュリティ
■トーホー
 スタッフ
お問合せ・採用情報
■お問合せ
■採用情報
関連・リンク集・他
■関連企業
■リンク集
■群馬の自然